グリーンスムージーに入れるべきでない野菜とは

グリーンスムージーに入れるべきでない野菜とは

グリーンスムージーを作る際、どんな野菜を使用して調理しているでしょうか。

 

グリーンスムージーに入れる野菜は適当に選んでいる、という方もいるかもしれませんが、実はあまり入れるべきでない野菜なども存在しているのです。

 

では、その野菜とはどんな野菜なのでしょうか。

 

基本的に、でんぷん質の野菜はあまり入れるべきでないといわれています。

 

でんぷん質の野菜とは、例えばニンジンであったり、キャベツやトウモロコシがこれに該当します。

 

意外と数が多いので、グリーンスムージーを作成する前に一度確認しておくとよいでしょう。

 

なぜでんぷん質の野菜がダメなのかといえば、これはフルーツとの食べ合わせがイマイチ良くないという理由からくるものです。

 

具体的には消化不良を起こしてしまうため、せっかく体内に取り入れた成分を無駄に終わらせてしまう可能性があるのです。

 

少なくとも、効率的な摂取方法とは言えなくなってしまうでしょう。

 

グリーンスムージーに入れるべきでない野菜、まず何があるのかを確認したうえで、普段作成する際に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

普段あまり考えずに作っていた方は注意が必要ですし、この際に改善しておくことをオススメします。

グリーンスムージーのデメリット

 

グリーンスムージーは、野菜や果物をミックスしたもので、とてもヘルシーで健康的なものだと思われています。

 

それ自体は悪いことではないのですが、グリーンスムージーも完璧ではありません。

 

いろんなデメリットがあります。

 

例えば、グリーンスムージーは、ナマの野菜や果物を使うため、カラダを冷やしやすい飲み物です。

 

できるならば、冬場よりも夏場に飲むのがおすすめです。

 

氷を入れて作ることも多いでしょうが、あまり入れ過ぎない方が冷えを予防できます。

 

また、グリーンスムージーは生の食材を使って水でかさ増しします。

 

従ってそんなに沢山の野菜や果物を摂取できるわけではありません。

 

加熱した方がかさが減るので、大量の野菜が食べたければ、グリーンスムージーで摂取するのはおすすめではありません。

 

それと、気をつけて欲しいのが飲みやすくするために果物や牛乳などの割るドリンクを工夫することです。

 

果物は食べ過ぎると糖質が多くなってしまいます。

 

だから入れすぎるとお菓子を食べているような感覚に!

 

また、牛乳や豆乳といったものも、結構なカロリーがあります。

 

できれば水で割る方がヘルシーなドリンクになります。

 

その点では活用する食材は意識する必要があります。